レクサプロを飲むと太るってホント?

太る
「レクサプロを飲んだら太った」
「体重が増えた気がする」
など、レクサプロを飲んで体重が増加した話はよく聞きますよね。

しかし体重が増えるのは嫌!という人は多いのではないでしょうか?

でも実際には、レクサプロを飲んで太るという科学的な根拠はありません。
レクサプロには体重増加の作用がないのに、太ると言われているのはなぜでしょうか。

その理由はレクサプロの抗うつ効果が発揮されているから。
メンタルが安定して落ち込んでいた食欲が回復したことで、体重が増えるケースは多いようです。

レクサプロの作用が体重増加にどう影響しているのか?
太った時の対処方法は?
などレクサプロを服用中の気になる疑問をまとめました!

レクサプロは太りにくい抗うつ剤

安心
レクサプロを飲んで体重が増えたらどうしよう!と思っている人は多いようですが、逆に太りにくい薬だと言われています。

なぜなら、

・SSRIは体重や食欲増加に直接つながる作用メカニズムがない
・臨床研究では体重増加が認められなかった

などの科学的な根拠があるからなのです。

レクサプロはSSRI(選択的セロトニン阻害薬)に分類されています。
SSRIには、体重が増えたり食欲が増すという作用はありません。

レクサプロの有効成分であるエスシタプラムは、神経伝達物資であるセロトニンにのみ作用します。

セロトニンは受容体に作用して情報を伝達します。
受容体の種類はたくさんありますが、その中でも食欲に関係するのは5HT2受容体。
しかしセロトニンが5HT2受容体とくっつくと、むしろ食欲が無くなると言われているのです。

またエスシタロプラムとノルトリプチンという抗うつ薬を使った副作用の違いについての臨床研究では、エスシタロプラムの体重増加の副作用は出ませんでした。
むしろ体重は減少する傾向にあったという結果が出ているのです。

体重増加はうつ症状が改善している証拠?

太る
レクサプロを飲んで体重が増えたという人がいるのは事実。
そのため、体重が増える原因はうつ症が改善しているからだと考えられています。

レクサプロを飲んでうつの症状が改善すると、今まで低下していた意欲が回復して食欲が出てきます。
食事を取る量が増えるため、もちろん体重が増える可能性もありますよね。

レクサプロを飲んで体重が増えるのは、うつの症状が良くなっていると言えるのです。

一般的にレクサプロを飲み始めて数ヵ月間は、痩せる傾向が多いと分かっています。
セロトニンの濃度が高くなるため、下痢や吐き気などの胃腸障害が起こり食欲が落ちるのではないかと言われているのです。

また、もともと太っていた人がレクサプロを飲み始めて痩せたという報告もあります。
この場合、ストレスで過食になっていた症状が心の安定と共に落ち着いてくるのではないかと考えられています。

レクサプロで太ってしまった時の対処方法

うつの症状が回復したのなら、これほど嬉しい話はありません。
しかし体重の増加は喜ばしいわけではないですよね。

レクサプロを飲んで太ってしまった場合、どんな対処方法があるのでしょうか。
心療内科や病院で行われている対処方法を見てみましょう。

【レクサプロを飲んで体重が増えてしまった時の対処法】
・レクサプロの飲む量を減らす
・他の抗うつ剤に変える

レクサプロの飲む量を減らす

レクサプロの効果が出ている場合、服用量を少し減らしてみるのも方法のひとつです。
飲む量を減らしても、抗うつ効果は維持しながら食欲を抑えられる場合があるんです。

しかし、いままでの症状の回復過程に合わせて慎重な判断が大切。
自己判断で行わずに、必ずかかりつけ医に相談してから減薬しましょう。

他の抗うつ剤に変える

抗うつ剤の中には、太りにくい薬と太りやすい薬があります。
体重の増加が気になる場合は、かかりつけ医に相談して他の抗うつ剤への変更も検討しましょう。

しかし飲んでいた薬を切り変えるのは、リスクが付きもの。
変更したからといって、必ずしもうつの症状や体重の増加が緩和するわけではありません。

他の抗うつ剤に変更する場合は、まずレクサプロと併用してみて副作用が無いかを確認した後に少しずつレクサプロを減薬・新しい薬の服用量を増やしていきます。

薬の変更は慎重に行うのが大切。
勝手に薬を変更するのではなく、かかりつけ医者と相談しながら進めてください。

レクサプロを飲んで太ったと思ったら

レクサプロを飲んで体重が増加したら、うつ病が回復している証拠です。
「太りたくない!」という人は、
・レクサプロの服用量を減らす
・他の抗うつ剤に変更する
などの対処方法を視野に入れて、かかりつけ医とこれからの治療について相談してみるといいでしょう。

うつ病の治療は、ストレスなく続けることが重要です。
の作用を理解して、上手くうつ病と向き合っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする