レクサプロの通販は違法?

違法か合法か
最近ではレクサプロを海外通販で買う人が増えているそうです。

「レクサプロを海外通販で買ってもいいの?」
「抗うつ剤を通販で買うなんて、違法なんじゃ…」
など海外通販でレクサプロを購入することに不安を抱く人は多いでしょう。

レクサプロは本来ならば処方箋が必要な処方薬。
処方薬は効果が高く副作用が出る可能性があるため、医師が患者さん一人ひとりをしっかり診察して薬の種類や量を決めています。

医師の診察のもと処方されるレクサプロを、海外通販で買っても違法にならないのでしょうか。

レクサプロの個人輸入は合法

レクサプロを海外通販で購入することは、法律で認められており違法ではありません。

【海外製医薬品の個人輸入】
一般の個人が自分で使用するために個人輸入する場合、一定の範囲内であれば特例的に税関の確認を受けた上で輸入することができます。参照:厚生労働省ホームページ・医薬品等の個人輸入について

個人輸入をした本人が個人的に使用する前提の法律なので、
・輸入した薬をほかの人へ売る
・他人へ譲る
・ほかの人の分の薬をまとめて買う
などの行為は認められていません。

決まりをしっかり守って、安全・安心な個人輸入を行いましょう。

一度に輸入できるレクサプロの量

薬の量
レクサプロを海外通販で買う場合、一度に輸入できる量が決められています。

厚生労働省のホームページには、処方薬は用法用量から見て1ヵ月分以内と記載があるんです。

海外通販で販売しているレクサプロは1箱28錠入り。
1日の最大摂取量として決められているのは20mgまでなので、レクサプロを一度で購入できる量は1箱分です。

レクサプロを海外通販サイトで購入する場合は、買う量に気をつけましょう。

SNSで購入するのは違法

手軽に誰とでも繋がれるSNS。
とても便利な機能で、ツイッターやインスタグラムを使っている人は多いですよね。

しかし時には注意も必要。
ときどきSNSでレクサプロを販売している人がいるんです。
医薬品を個人的に販売することは、医薬品医療機器等法(薬機法)に違反しています。

医薬品を許可なく販売したりあげたりすることは、法律で禁止されています。

実際にツイッターでレクサプロを譲るというツイートをしている人がいました。

この方は政府から忠告を受けていました。

#お薬譲りますや#お薬譲ってくださいというハッシュタグで検索すると、レクサプロだけではなく、いろんな薬が販売されていることが分かりました。


この人は、レクサプロを購入したいようです。
返信欄には7人の人が販売します!とコメントしています。

政府の許可もなく薬を販売することは法律違反。
販売しているレクサプロを買ってしまうことも、違反者に加担してしまいます。
バレなければ大丈夫!と思わずに、レクサプロを購入したい時は病院で処方してもらうか、海外通販で買いましょう。

レクサプロの個人売買は法律違反

個人的にレクサプロを販売するのは、法律で禁止されています。

【医薬品医療機器等法(薬機法)に違反する行為】
・許可なく医薬品をフリマサイトやSNSで販売する
・医療機関で処方された医薬品を販売する
・ドラックストア等で購入し、家に保管していた医薬品を販売する

ネットで簡単にレクサプロを買える時代ですが、安易な考えで購入してしまうと法を犯す可能性があるんです。

通販が不安な人は病院で処方してもらいましょう!

レクサプロの海外通販は法律で認められていますが、
・海外通販でレクサプロを買うのは心配
・通院が大変だから通販で買えるのは助かるけど気が進まない
など不安になる人もいるでしょう。

もちろん通販で購入することは法律で認められていますが、個人輸入で買ったレクサプロを服用することは自己責任。

安心・安全に治療を行ないたいのであれば、定期的に通院して医師の診察を受けその時の自分の症状に合った薬を処方してもらえる病院に行きましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする