妊娠中でもレクサプロを飲める?

レクサプロと妊婦
「妊娠中にレクサプロを飲んでも大丈夫?」
「赤ちゃんへの影響はあるの?」
などレクサプロを飲んでいる女性は、妊娠しても服用を続けていいのか不安になりますよね。

「妊娠したらレクサプロを止めなきゃいけない?」
「レクサプロを急にやめたら、うつ病の症状が悪化しちゃうんじゃ…」
など自分の精神状態も気になります。

レクサプロは、妊娠中でも飲める抗うつ剤。
安全性が高い薬で、妊娠中も服用を続けて大丈夫と言われているんです。

しかしレクサプロの赤ちゃんへの影響は、ゼロというわけではありません。
レクサプロの飲み方に気をつける必要があるんです。

妊娠前・妊娠中・授乳中などその時の状況で、レクサプロがどんな影響をもたらすのか確認しましょう。

レクサプロが妊娠中でも飲める理由

妊娠中や妊娠の可能性がある女性でも、レクサプロを飲んでも大丈夫。
催奇形性や流産・早産のリスクは少ないと言われており、継続してレクサプロを飲んでもいいとされているんです。

妊娠したからと言って急にレクサプロの服用をやめてしまうと、精神状態が安定せず逆に赤ちゃんへ影響しやすい場合があります。

【お母さんの精神状態が赤ちゃんへ与える影響】
妊娠中に強いストレスを受けたり不安定な精神状態が続くと、コルチゾールという副腎皮質ホルモンが多く分泌されお腹の赤ちゃんに届きます。すると精神系の発達に影響を与えてしまい、生まれてきた赤ちゃんがうつや情緒不安定、ADHD(注意欠落障害)になる可能性があると言われています。

妊娠中でもレクサプロを飲んで心を安定させることで、うつやADHDなど赤ちゃんの病気を防ぐことができるんです。

レクサプロの赤ちゃんへの影響

「妊娠中でもレクサプロが飲める」
「これで安心して治療ができる」
など不安が消えたかもしれません。
しかしレクサプロの赤ちゃんへのリスクは、ゼロではないのです。

妊娠前・妊娠中・授乳中など、状況ごとに赤ちゃんへの影響は異なります。

レクサプロが赤ちゃんへどんな影響を与えるのか、状況別に確認してみましょう。

妊娠前にレクサプロを飲んでいた場合のリスク

妊娠前にレクサプロを飲んでいたからといって、お腹にいる赤ちゃんの発育に影響を及ぼすことはありません。
レクサプロが原因で、早産や流産しやすくなるワケではないのです。

妊娠が分かった後でも、基本的にはレクサプロの服用を続けても大丈夫。

ただし妊娠前よりも妊娠中の方が、赤ちゃんへの影響が起きやすくなるんです。

妊娠中にレクサプロを飲んでいた場合のリスク

レクサプロを妊娠中に飲んでも大丈夫と書きましたが、出産後に赤ちゃんへ影響が出る場合があります。

お腹の中にいる赤ちゃんは、へその緒を通してレクサプロの成分を受け取っています。
出産によってへその緒が切られることで、レクサプロの成分が赤ちゃんへ届かなくなります。

それは急な断薬と同じ状態。
レクサプロの成分供給が無くなることで、赤ちゃんが離脱症状を起こす可能性があるんです。

症状が起こる確率は10~30%と言われています。

【赤ちゃんに見られる離脱症状】
・落ち着きが無い
・すぐに泣く
・震える
・筋肉が緩む、硬くなる
・呼吸困難
・哺乳がうまくできないなど

しかし赤ちゃんの離脱症状は一時的。
離脱症状の早期発見で、すぐに症状を和らげる治療が行えます。

そのためには、産婦人科の先生へレクサプロを服用していると伝えることが大切。

赤ちゃんが生まれた後に、症状が出ていないか病院側が注意深く見守ることができます。

レクサプロは授乳中に飲んでも大丈夫?

レクサプロの成分は、母乳を通して赤ちゃんへ伝わります。
これは動物実験や人間でも確認されているんです。

赤ちゃんがお母さんを通じて摂取する薬の成分量をRID(相対的乳児投与量)といいます。
抗うつ剤のRIDは10%未満といわれているんです。
RIDが10%未満の場合は赤ちゃんへの影響は、ほとんどないと考えられています。

むしろ妊娠時や授乳時の抗うつ剤として選ばれるほど、レクサプロは安全と言われています。

しかし「赤ちゃんへの影響を考えると不安」と思う人もいますよね。

母乳で赤ちゃんを育てるのが心配だという人は、ミルクに変えることを検討しましょう。

レクサプロと妊娠のことで悩んだら

心配
レクサプロは、赤ちゃんへ及ぼす影響が少ない安全な薬といわれています。

しかし安全と言われても、
・本当にレクサプロを飲み続けてもいいのか
・心配すぎて薬を飲むことを躊躇してしまう
など悩んでしまう人も多いでしょう。

そんなときは自己判断でレクサプロの服用を止めずに、「お母さんと赤ちゃんにとって何が一番いい方法なのか?」かかりつけ医に相談することが一番。

少しでもレクサプロの影響が心配という人は、医師に相談して薬の量を最小限にしてもらうか漢方薬に変更してもらいましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする