レクサプロを安全に通販する方法

レクサプロ 通販 安全

海外通販を利用すれば、処方せんがなくてもレクサプロを購入できます。

病院に行けない人や病院が苦手という人にとっては、海外通販はとても便利なサービスですよね。

しかし海外通販は便利なだけではありません。
便利で人気が高いことから、詐欺を働く業者が存在するのです!

「海外通販でレクサプロを買うのは危険?」
「安全に買える方法はないの?」
そんな疑問が生まれた人も多いはず。

結論から言えば、レクサプロを安全に購入する方法はあります!
その方法とは、信頼できるサイトからレクサプロを買うこと

そこで今回は通販サイトが安全かどうか見極めるポイントを紹介します!

安全な海外通販サイトとは?

通販 ポイント
通販サイトが安全かどうか見極めるためには、以下のポイントに注目してみてください。

【安全なサイト選びのポイント】

・サイト内に特定商取引に基づくページがあるか
・クレジットカードでの支払いができるか
・第三者機関による商品鑑定書が掲載されているか
・セキュリティーがしっかりしているか

これらの条件が揃っている通販サイトは、利用者に信頼してもらえるよう運営されているサイトだと言えます。
それぞれどういうことなのか詳しく見ていきましょう。

サイト内に特定商取引に基づくページがあるか

特定商取引法では利用者がトラブルに巻き込まれないために、特定商取引に基づく表記が義務付けられています。

特定商取引に基づく表記とは、通販サイトの会社名や住所、電話番号のことです。

サイト内に特定商取引に基づく表記がされている通販サイトは、法律を順守した正しい運営がされている証拠といえます。

また特定商取引に基づく表記での電話番号は、確実に連絡が取れる番号を記載するのが原則となっています。
万が一海外通販でトラブルに巻き込まれた際に、日本語でやりとりしやすいように特定商取引に基づく表記上の電話番号が、日本の番号であるかも確認するといいでしょう。

(特定商取引法について詳しく知りたい方はコチラ

クレジットカードでの支払いができるか

安全に通販をするなら、クレジットカードが利用できる通販サイトを選びましょう。
通販サイトでクレジットカードでの決済を導入するには、クレジットカード会社による加盟店審査を受ける必要があります。

加盟店として信頼に値するかどうかクレジットカード会社が審査しその基準をクリアすれば、加盟店として契約を結べます。
加盟店の契約がないとクレジットカード決済の導入はできません。

つまり加盟店として契約されている通販サイトは、クレジットカード会社が信頼性を認めたサイトともいえるのです。

第三者機関による成分鑑定書が掲載されているか

薬を通販する際は、通販サイトにレクサプロの成分鑑定書があるかどうかを調べましょう。

成分鑑定とは薬が本物であるかどうか、薬に含まれる成分を調べること。
第三者機関が成分鑑定を行い、本物であると示したものが成分鑑定書なのです。

偽造された医薬品は、本物に色や形を似せて作られているため見極めるのは非常に困難です。
自分の目では判別できない薬は、専門機関によって成分鑑定をクリアした薬であれば本物だと安心できますよね。

偽薬を購入するリスクを避けるために、成分鑑定書がある通販サイトを選びましょう。

セキュリティーがしっかりしているか

通販でレクサプロを購入する場合、通販サイト上に個人情報を入力する必要があります。
なぜなら配送のために氏名や住所の入力や、代金の支払いのためにクレジットカードの番号入力が必要だから。

その際にセキュリティが甘いと、個人情報を抜き取られる可能性があるのです。

個人情報の漏えいを防ぐために、個人情報の入力ページがSSL化しているか必ず確認しましょう

SSLとはサイト上のやり取りを暗号化することです。

SSLで暗号化された通信データは安全に保護されており、第三者が情報を盗もうと試みてもデータ内容は解読不可能。
個人情報が他人に漏れてしまう事態が防げます

SSL化に対応しているかどうかは、通販サイトのURLで確認できます。
URLがhttps://で始まるものは、SSL化されている証拠。
もしくはURLの前に鍵のマークが表示されていればOKです。

レクサプロを通販で安全に購入しよう


レクサプロを安全に通販できるかどうかは、サイト選びがとても重要です。

信頼できるサイトを見極め、詐欺やトラブルのリスクをあらかじめ回避しましょう

体調によっては、病院に行けないこともありますよね。
安全なサイトを利用すれば病院に行かずにレクサプロが買えて、うつ病や不安障害の治療がもっと手軽にできます。

あなたも安全なサイトからレクサプロを購入して、悩みのない穏やかな日々を過ごしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする